MENU

女性の薄毛の種類

薄毛にはいくつか種類があり、女性特有のものもあります。

 

女性の薄毛の原因で多いのが女性ホルモンの乱れです。更年期を迎えたり出産後に抜け毛が増えた経験がありませんか。これは女性ホルモンが減少することが原因です。偏った食事、ストレス、睡眠不足でも女性ホルモンのバランスが乱れます。女性ホルモンには髪の成長期を長くする、コラーゲンの生成を促す、キューティクルを保護する働きがあり、健康か髪を作る手助けをしています。

 

女性男性型脱毛症は男性型脱毛症(AGA)の女性版です。AGAは男性ホルモンが酵素によって変換されてできるDHTという物質が原因です。女性も男性ホルモンを分泌しています。女性ホルモンが減少すると男性ホルモンの影響で女性男性型脱毛症になることがあります。男性の場合は頭頂部と髪の生え際から薄くなるのですが、女性の場合は全体的に薄くなる傾向があり、男性とは症状の表れ方が違います。

 

牽引性脱毛症は長期にわたり同じ部位に刺激が加わることで起こる薄毛です。いつも同じところで髪を分けたり、髪をきつく結んでいると、その部位の毛根がダメージを受けて抜けやすくなります。ヘアスタイルを時々変えることで予防できます。

 

男女問わずできるのが円形脱毛症です。コインのように髪が抜けることが特徴です。円形脱毛症の原因は自律神経の乱れ、毛周期の異常、自己免疫疾患などさまざまな考えられていますが、はっきりとはしていません。現在は自己免疫疾患が原因ではないかと考えられています。免疫は細菌などから体を守ってくれているのですが、何らかの理由で自己を攻撃してしまい、成長期の毛包が攻撃されると髪の成長がストップしてしまいます。ストレスで自己免疫疾患になるのではないかともいわれていますが、ストレスとの関係ははっきりしていません。

 

脂漏性脱毛症は過剰な皮脂が原因の薄毛です。皮脂が酸化すると過酸化脂質となり頭皮にダメージを与えて髪が育ちにくい環境になります。毛穴がつまることで髪が抜けやすくなります。きれいに洗って毛穴のつまりを解消したり、皮脂分泌を促す脂肪分や糖質を多く含む食品を控えることで予防できます。疲労性皮膚炎になることもあるので、早めに医療機関を受診するのがおすすめです。

 

ひこう性脱毛症はフケが毛穴をふさいで頭皮が炎症を起こすことで起こる薄毛です。シャンプーやヘアカラーのダメージで頭皮環境が悪化し、ふけが出やすくなります。
このようにさまざまな種類の薄毛があります。適切な対処をすることで薄毛は解消します。