MENU

女性の薄毛を改善するために摂りたい栄養素

髪の抜ける量が増えた、ボリュームが低下した、つむじが気になる、こんな悩みがありませんか。ダイエットをしている女性は栄養不足が原因で薄毛に悩んでいることが少なくありません。育毛剤や育毛シャンプーで外からケアすることも大切ですが、髪の原料となるものがないと健康な髪を育てることはできないので、食事を改善して内側からもケアしましょう。

 

薄毛の改善で特に重要なのがタンパク質です。髪は18種類のアミノ酸から構成されるケラチンでできます。ダイエットをしている女性は、カロリーを気にしてタンパク質が豊富な肉を控える傾向があります。しっかりタンパク質を摂取しないと、髪の原料不足で薄毛になってしまったり。健康な髪を育てることができません。

 

カロリーが気になる場合は、脂肪分が少ないささみや白身魚、大豆製品からタンパク質を摂取するのがおすすめです。アミノ酸バランスや消化吸収率が違うので、動物性食品と植物性食品の両方からタンパク質を摂取しましょう。

 

亜鉛はタンパク質の合成に必要で、不足するとタンパク質の合成ができなくて髪の成長が悪くなったり、抜け毛が増えたり、髪の質が悪くなって切れやすくなります。髪の成長だけでなく、質がよい髪を作るために必要な栄養素です。

 

亜鉛は牡蠣・うなぎ・カシューナッツ・ごまなどに豊富に含まれています。普通の食事をしていれば不足することはありませんが、アルコールの摂取、加工食品の多食、喫煙などが原因で不足することがあります。アルコールの代謝には亜鉛が必要で消費されます。加工食品には亜鉛が少なく、添加物が亜鉛の吸収を阻害します。喫煙をすると活性酸素が大量に発生して、活性酸素を消去するのに亜鉛が使われます。玄米菜食をしていると玄米に含まれるフィチン酸で吸収が阻害されるので注意が必要です。バランスがよい食事をして、アルコールなどを控えることで薄毛を予防できます。

 

髪の成長促すには、髪に栄養を届けなければなりません。血行を促進するのがビタミンEです。血流をスムーズにして髪に栄養を届きやすくしてくれます。ビタミンEには抗酸化力があり、抜け毛の原因になる過酸化脂質の発生を抑えます。女性ホルモンの分泌をコントロールする作用もあります。女性ホルモンにはコラーゲンの合成を促進したり、髪の成長期を長くして抜けにくくする働きがあります。

 

ビタミンEはアボカド・かぼちゃ・オリーブオイル・ナッツなどに豊富に含まれています。脂溶性ビタミンで油と一緒に摂取すると吸収がよくなります。

 

これらの栄養素が薄毛の改善をサポートします。